神奈川県園芸協会

きれいな花 おいしい果物 栄養いっぱいの野菜を まごころを込めて

トップ > 協会について > 事業計画および収支予算

令和元年度 事業計画書

1 基本方針

 平成30年度は、政治・経済ともに比較的安定した1年であったが、農業生産では夏の猛暑や台風24号の襲来など気象変動の大きな1年であった。
 当協会は設立以来60余年を経過し、幾多の変遷を経て平成26年に一般社団法人に移行し、更に平成29年1月には事務所を横浜市緑区に移転して現在に至っている。
 これまで、県支出金の削減等により、財務状況が悪化したことなどから、平成26、27年度の2ヶ年をかけて、委員会を設置してすべての業務の見直し検討を行ったところである。平成28年度で一般社団法人移行に伴う諸手続きが完了し、現在は業務全般が比較的安定してきている。こうした中で、令和元年度はより効率的、効果的業務運営を進めていくことが引き続き課題となっている。
 事務の簡素・効率化と事業の重点化を図りながら、会員団体や関係機関のご理解とご協力を得て、連携を密にして園芸生産者の経営安定と特色ある本県園芸の振興に努め、公益性の高い事業を前向きに推進し、社団法人として社会貢献していくこととする。


2 事業計画

(公益事業)
(1)園芸振興対策事業
 各会員団体等と連携協力し,園芸生産者の経営安定と特色ある本県園芸の振興に向けて、公益性の高い事業を前向きに推進する。
  ア 各種研究会、講習会の企画・運営
  イ 県育成品種等の普及促進
  ウ 学校、福祉施設等での花育推進
  エ 次世代国産花き産業確立推進事業の推進
  国産花きイノベーション推進事業の後継事業として、花き植木の生産対策、流通販売及び学校・福祉施設等での花育教室開催などの花き消費啓発活動推進
(2)園芸関係団体の活動支援
  会員団体等が実施する各種研究活動等の支援及び品評会、共進会等を支援する。
  ア 園芸関係団体の活動支援
  イ 各種品評会,共進会等支援
  県花き品評会、県植木品評会、湘南梨品評会
  県果樹立毛共進会、県花き立毛共進会、
  県柑橘優良園管理共進会、県キュウイフルーツ優良園管理共進会
  各市町・農協・園芸団体等主催品評会、共進会等開催支援
(3) 表彰事業
  園芸農家の生産技術の向上及び地域の特産品づくりのための各種表彰事業を実施する。
  ア 園芸功労賞表彰
     本県園芸振興に優れた業績をあげた生産者等に園芸功労賞を授与しその功績を顕彰する。
     年間12名程度
  イ 各種品評会、共進会入賞者の表彰
会員団体等の主催する各種品評会、共進会入賞者の表彰
(4)果樹原木管理事業
  県農業技術センターから県育成果樹原木園の管理業務の受託を行う。
  ア 二宮町の旧県園芸試験場の県天然記念物・ナシ原木等園地管理
(一般事業)  
(5) 種苗普及事業
  園芸生産者向けに県登録園芸品種及び一般優良種苗の普及啓発と配布を促進し、特色ある産地づくりを進める。
  ア ナシ「香麗」等県育成果樹の普及と配布
  イ 優良一般果樹苗の斡旋配布
  ウ アオキ「湘南ひこぼし・おりひめ」等県育成緑化木・花き種苗の普及と配布
  エ 優良一般緑化木、花き種苗の斡旋配布
(6) 消費対策事業
  県内園芸特産物の消費促進を図るとともに、一般消費者への園芸に関する理解を深めるための各種啓発事業を実施する。
  ア 県立公園等への花き種苗販売と消費啓発
  イ 「花とみどりのフェスティバル花き展覧会」等での展示即売
  ウ 「日本フラワー&ガーデンショウ2019」への出展
  エ 日赤血液センターの献血者へのバラ・カーネーション提供など県産農産物消費啓発活動支援
(法人会計事業)
(7) 関係団体業務の支援と施策・制度、試験研究課題要望等
  ア 関係団体業務の支援、各種行事への協賛,協力
  イ 農林施策等要望のとりまとめと要請活動
     県農林水産団体協議会(事務局・県農協中央会)を通しての国県への要請
  ウ 試験研究課題要望のとりまとめと要請活動
  エ 園芸情報の収集と作成配布及びホームページを活用した園芸情報の提供
(8) 団体事務局業務の受託
  ア 県果樹組合連合会、県花き園芸組合連合会、県植木生産組合連合会事務局業務の受託
(9) その他,本協会の目的達成に必要な各種事業の実施

令和元年度 収支予算書

令和元年度 収支予算書(PDF)

協会について

 
ページのトップへ戻る