神奈川県園芸協会

きれいな花 おいしい果物 栄養いっぱいの野菜を まごころを込めて

トップ > 国産花きイノベーション推進事業 > 福祉施設園芸体験モデル事業

福祉施設園芸体験モデル事業

~ 介護施設の高齢者の方が寄せ植え、花摘み、押し花づくりを体験する ~

● 実施概要

ア 寄せ植え体験【第1回目(10月】

 県産花きのガーデンシクラメン、アリッサム、ビオラ、プリムラなどを使い、楽しく寄せ植え体験をしました。

写真1  写真2 

写真3  写真4 

イ 花摘み・押し花・ミニアレンジメント【第2回目(11月】

 育ててきた花を摘み、段ボールの台紙や新聞紙を使って、押し花づくりをしました。また、残りの花で、グラスや針がねを使い、ミニアレンジメントづくりをしました。

写真5  写真6 

写真7  写真8 

ウ 押し花の作品作り【第3回目(2月】

 できあがった押し花の作品づくり。押し花の色のあざやかさに皆さんびっくりして、額縁の中に楽しい作品をつくり、みんなで見せ合いました。

写真9  写真10 

写真11  写真12 

介助者(介護福祉士など)の、3回の園芸体験を通じたアンケート結果:
「参加者は、他の作業体験と比べ積極的だった」と回答 30/30件(100%)
「各プログラムの前後で、参加者の様子に変化があった」 22/30件(73%)
「園芸体験を行うことで、よい影響があった」 30/30件(100%)
ページのトップへ戻る